大手消費者金融のキャッシングというと、プロミスやアコム、アイフル、モビットと一緒にレイクの名前を挙げる人もいるかと思います。レイクは、以前は確かに消費者金融でしたが、2011年に新生銀行に事業譲渡されたことで「新生銀行レイク」となり、現在は銀行系のカードローンになっています。

レイクでキャッシングすることのメリットは、銀行系のよさと消費者金融のよさを合わせ持っている点です。

まず、銀行系のカードローンなので、総量規制の対象外です。総量規制は、消費者金融からの借り入れを年収の3分の1までに制限している法律ですが、レイクならそれ以上の金額の借り入れが可能です。

他の銀行系カードローンにはない無利息サービスがあるのもレイクのメリットです。しかも2種類の無利息サービスがあります。1つは、借入金額の全額が30日間無利息になるというもの。

もう1つは、借入金額のうち5万円が180日間無利息になるというもの。どちらも初めてキャッシングする人を対象にした1度限りのサービスですが、5万円以内なら約半年間利息ゼロで借りることができます。どちらを利用した方が得になるかは、レイクの公式ホームページでシミュレーションして確かめることができます。

借入も返済も、提携ATMなら手数料が無料なのも大きなメリットです。セブン銀行やローソンATMとも提携しているので、コンビニに寄ったついでに返済できます。
消費者金融のよいところを取りいれている新生銀行レイクですが、その分利息は他の銀行系カードローンより高めで、消費者金融並み。それでも、無利息サービスやATM手数料無料をうまく利用すると、かなりお得にキャッシングできます。