アルバイトだと正社員より収入が少ないのでキャッシングをご利用できないと思われている方が多いです。
しかし安定した収入であればアルバイトでも大丈夫です。

収入がたとえ少なくても良いので安定していると言う点が重要なのです。
その代わりに不定期でアルバイトしていて収入が不安定な場合はご利用するのが難しいです。

今は不安定でもこれから安定した収入を得れば大丈夫だろうと思われているとご利用できない可能性が高いです。
それはキャッシングの審査では勤続年数も重要視しているからです。
半年以内の勤続年数ではたとえ安定した収入があっても審査に落ちることがあります。

なぜ半年以上の勤続年数が必要なのかその理由は短い勤続年数では収入が安定していると判断できないからです。
まずは最低でも半年継続して勤務してからお申込みすることが必要ですが、1年間あった方が望ましいです。

その他にも借入件数を重要視しています。
大手キャッシング会社では3社まで、中堅キャッシング会社では4社までなら大丈夫と言われています。

5社以上あると多重債務であると判断されますのでお金を借りるのは難しいです。
1か月に3社以上お申込みすると多重申込となり審査に受からなくなるので、借入件数が多い場合はなるべく減らしてからお申し込みして下さい。