キャッシングを利用するにはまず申込みを行う必要がありますが、審査に合格して利用する為にはこの段階から気を付けなくてはいけません。

現在ではネットからの申込みが多くなっていますが、この場合も入力内容に間違いがないかどきちんと確認しながら次の画面に進むボタンを押していってください。最後に最終確認ができる場合がほとんどなので、そこでもう一度全てを見直して確認しましょう。

電話や自動契約機、またはFAXで行う場合には、書類への記入を間違えずに行うことが大切です。特に自動契約機の場合は無人ボックスのその場で記入するので気を付けてください。内容に間違いが無いのは当然のこと、できる限り丁寧な字で記入しましょう。

自動契約機を利用した場合、申込み書類を提出した後の審査中にも油断してはいけません。無人ボックス内での行為は全てカメラを通してキャッシング会社に見られています。ここでの態度が審査に直接影響するという訳でもありませんが、余計なことはしないに限ります。審査には早くても30分が掛かるので、備え付けの雑誌を読む、もしくは携帯電話などをいじる程度にしておいてください。

キャッシングの審査は申込み内容だけで行われるという訳でもないということです。どれだけ審査に影響するかは分かりませんが、申込み用紙は可能な限り丁寧に、間違いのないように記入することで少しでも印象を良くすることができるのです。

申込み内容に間違いがあると、その確認の為の電話が掛かってくることがあります。自動契約機の場合はその場でインターホンで話すことになり、その為にも審査の時間はずっとその場で待っていなくていけません。原則的に審査が終了するまで外に出ることはできないので、時間には余裕をもって無人ボックスに入るようにしてください。最短30分と言っても、長いと1時間以上掛かることも珍しくないので注意してください。