カードローンを選ぶうえで重視するポイントは人によって違いがあるものの、基本的な考え方となるのは「如何に返済を楽にできるのか」という点です。つまりは「どれだけ低い金利で借入れが出来るのか」という事に繋がるのですが、金利が低いカードローンというのはそれだけで非常に大きなメリットになります。

金利が低い場合、同じ金額を返済した時に金利が高い場合よりも多く元金に充当されることになります。例えば、毎月利息が1万円発生するカードローンと、千円しか発生しないカードローンとでは返済金額が同じ場合には後者の方が多く元金を減らすことが出来ます。単純計算で9千円多く元金が減るという事は、18%金利で利用している場合には千円以上の利息を削減できるという事に繋がります。毎月それだけの金額を節約することが出来れば、年間では1万円以上の節約につながるだけでなく、完済までの期間を短くすることにもなってきます。

カードローンを利用していく上で強く意識する必要があるのが「返済期間」に関してです。どれだけ早く(少ない回数)完済することが出来るのかが非常に重要で、返済回数が少なければ少ないほど支払い総額は少なくなります。返済回数が多くなれば返済総額も増えていく為、必然的に返済の負担・労力が大きくなってしまうのでリスクも増えていきます。

出来る限り低い金利設定をしているカードローンを利用し、出来る限り少ない返済回数で完済できるようなプランを立てることが、カードローンを賢く利用する為のポイントです。