消費者金融や銀行などで、キャッシングやローンの申し込みをする際には、本人確認書類が必要となります。

「運転免許証」をお持ちのかたは、運転免許証を、この本人確認書類として利用することができます。

本人確認書類には、顔写真がついている公的な証明書が使用されます。そのため、免許証がない場合は、

・パスポート

・住民基本台帳カード

などを利用することができます。

運転免許証に記載のある住所が変更と鳴っている場合は、新住所が記載されている、

・健康保険症

・パスポート

・電気やガスなどの公共料金の領収書

なども必要となる場合があります。

この必要書類は消費者金融や銀行により異なる場合もあるため、契約時に、「運転免許証がない」「住所が変わっている」という場合は、契約する会社に確認してみましょう。