消費者金融でキャッシングを利用する前には、必ず審査を受けなければいけません。

この審査が一体何のために行われているのかを知っておけば、審査に落ちる危険性を少しでも減らすことができるでしょう。

まず審査で重視されるのは本人確認です。キャッシングは他人の名義で申し込んで勝手にお金を借りてしまうといったトラブルを防ぐために、本人確認は非常に厳格に行われています。間違っても他人の身分証を借りるといったことのないように注意しましょう。次に、審査においてもっとも重要な基準となるのが返済能力についてです。

よく会社員と比べてフリーターや自営業者はキャッシングやクレジットカードの審査に通りにくいと言われますが、それはこの返済能力の判断の仕方に原因があります。キャッシングは基本的に毎月決まった額を返済していく形式になっているため、毎月定期的な収入を得ている人の方が返済能力は高いと判断されます。

たとえ資産や年収が平均的な会社員より多くても、収入が安定していないと審査では不利になります。この問題をクリアするためには借入の限度額を下げるのが有効です。限度額が低ければ毎月ごとの返済額も下がり、同時に返済能力の重要度も下がるというわけです。